レーザーによるニキビ跡治療は妊娠中にも治療可能?

色素沈着タイプやクレーターといったニキビ跡は、スキンケアで改善する事が難しいと言われています。

改善が難しいニキビ

早く肌を綺麗な状態に戻したいという方は、美容皮膚科など美容系クリニックで治療を受けてみてはいかがでしょう。

医療機関でニキビ跡を治療する場合、レーザーを用いられる事が多いようです。
レーザーでの治療は安全性も高く、安心して施術を受けられます。

ただ、注意したい点もあります。レーザーでの治療は、妊娠中の女性は受ける事はできません。

治療の効果が現れるまでに、症状によっては時間がかかるケースもあるようです。

特にクレーターは色素沈着タイプのニキビ跡よりも、治療にかかる期間が長くなるケースがほとんどです。
治療の期間中に妊娠が分かったら、医師に伝え治療は一旦中止しましょう。

特に治りかけの場合、ニキビの治療が中途半端に終わってしまうことが嫌だと思われるかもしれません。

しかし、妊娠をしていると、ホルモンバランスも崩れやすくなり、更にニキビができやすい時期となってしまうため、完治してもまたニキビの再発によって悩まされるかもしれません。

ストレスを感じてしまうことが一番身体によくありませんので、妊娠中のニキビは仕方のないものだときっぱり割り切ってしまうことも大切なのではないでしょうか。

ニキビの薬が胎児に影響!?安易な薬の服用はリスク大

イソトレチノインというニキビ治療薬が注目を集めています。
この商品は、子供から大人まで様々な方が悩まされているニキビの悩みを治療出来るとても頼れる薬品です。

しかし、実はこのイソトレチノインには副作用があると話題になってきています。
カナダの統計データでは、このニキビ治療薬を服用した女性から生まれた先天異常を持った子供が11人も居ました。

元々ニキビの治療薬は刺激が強く、様々な物質が配合されているので妊娠中には摂取してはいけない決まりになっています。

ニキビの治療薬に限らず、刺激が強い成分が配合されている薬品は全て危険です。
また、この11人はイソトレチノイン治療を受けていた中で産まれてきた子供全体のうちの9.3%であり、治療期間中に「妊娠が確実」と診断されたうちの90%は中絶、胎児死亡という恐ろしい結果が出ていました。

他にもFDA(米国食品医薬品局)はうつ症状やイライラ、学校や仕事の成績低下といった様々な症状に関して注意を促しており、いずれも危険な症状と言えます。

危険な症状

このイソトレチノインに関する薬は、日本では一般的に入手できないようになっていますが、それでも厚生労働省からは、個別に入手することのないよう注意喚起がされています。
妊娠中は特に、服用する薬は必ず用量、用法を間違えないようにしましょう。

おでこのニキビをレーザー治療で治すその治療費とは

おでこのニキビ跡を解消するには、ある程度のテクニックが
必要とされるため、素人にとってはとても難しい問題の
ひとつとして捉えられています。

そこで、レーザー治療などの効果的な施術を取り入れる
ことにより、肌質を理想的な状態に保つことができるため
スキンケアに積極的に取り組みたい場合にも
もってこいとされます。

積極的なスキンケア

この頃は、低価格のレーザー治療が主流となっているため
幅広い年代の女性にとって、各自のライフスタイルにぴったりの
通院先を選ぶことが課題としてみなされています。

ニキビ跡の悩みについては、すぐに解決することができませんが、
まずは美容雑誌などを定期的に購読したり、口コミなどを
読み通しておくことが有効です。

おでこのニキビ跡の状態は、各自の生活習慣、遺伝、
ストレスなどによっても異なるため、まずは専門的な診断を
受けることが望まれます。

そして、施術の費用を検討する場合には、出来るだけ
多くのクリニックを訪れることがポイントです。

エステなどでも、ニキビコースなどを設けているところはありますが、
どうしても根本的な治療となりますと、難しいこともありますので
クリニックで相談されるのが1番です。

ちなみに、ニキビ跡のレーザーは、場合によっては治療費で
保険が適用となることもあります。

また、自由診療となるところに関しては、治療費にばらつきも
ありますので、できるだけ事前に調べたりしたうえで
受診される方が良いでしょう。

ニキビも一種の病気にあたりますので、基本的には
保険が適用されるようになっています。

施術と保険

しかし中には美容目的とした施術を受ける方もいます。
その場合は自由診療となり、保険は適用されないため
費用は自費となるので、その点も注意しておきましょう。

また、口コミ評判なども参考にされた上で、満足度の高い効果が
期待できるクリニックを選ぶことが重要です。

レーザーの種類もたくさんありますし、それぞれの症状に合わせて
使っていくことになりますので、実績があるクリニックの方が
安心して任せることができます。

まずは、カウンセリングから始めてみると良いでしょう。
きれいな肌になります。

ニキビ跡をレーザー治療でかさぶたにする

治療
ニキビ跡を改善させるためには、美容皮膚科などで
受けることができるレーザー治療が有効であると
されています。

治療の種類としては様々なものがありますが、
最も一般的なものとしてフレクセルレーザーによる
治療が普及しています。

フレクセルレーザーは肌の表面に小さな穴をたくさん
開けることで、皮膚細胞の入れ替えを促進させる方法
になります。

表面に熱エネルギーを照射することで、肌組織の細胞分裂が
促進されてコラーゲンが生成されます。

エネルギーによってダメージを受けた肌組織は、1週間ほどの
期間をかけて、かさぶたになってから剥がれ落ちていき
新しい肌へと生まれ変わります。

美容皮膚科

1回の治療によって、全体のうちの約10%の皮膚細胞を
生まれ変わらせることが可能で、1か月に1度の治療を
4か月から5か月ほど続けることによって、ニキビ跡を
大幅に改善させる効果が得られます。

手術によって皮膚を切ることなく行えますし、麻酔の技術も
進歩していることから、安心して受けられる
施術として知られています。

ニキビ跡治療は何科に通えば大丈夫?

ニキビ跡治療をしたいと考えた時、何科に通えば良いか
悩む人は少なくありません。

現在、出来ているニキビの治療をしたいと考えた場合、
有効なのは皮膚科で治療を受ける事です。

皮膚科であれば、健康保険が適用される治療を受ける事が
出来ます。

医者

ただ、ニキビ跡というのは、健康や皮膚の状態に影響を
与えるものではなく、このニキビ跡を治す為のニキビ跡治療は
美容目的の治療となり、美容皮膚科での治療が有効となります。

美容皮膚科で行う治療は、見た目に関する悩みを改善する
美容目的の治療となる為、健康保険が適用されず、全額自己負担で
の治療となります。

自己負担

その為、とても高いというイメージを持つ人も少なくありませんが、
治療費はクリニックによって様々です。

ですから、治療を受けたいと考えたら、いくつかのクリニックの
治療費を確認し、大体の相場を知った上でクリニック選びを
していく事がお勧めです。

更に、治療に必要な回数も確認しておくと総額を把握しやすくなります。