レーザーによるニキビ跡治療は妊娠中にも治療可能?

色素沈着タイプやクレーターといったニキビ跡は、スキンケアで改善する事が難しいと言われています。

改善が難しいニキビ

早く肌を綺麗な状態に戻したいという方は、美容皮膚科など美容系クリニックで治療を受けてみてはいかがでしょう。

医療機関でニキビ跡を治療する場合、レーザーを用いられる事が多いようです。
レーザーでの治療は安全性も高く、安心して施術を受けられます。

ただ、注意したい点もあります。レーザーでの治療は、妊娠中の女性は受ける事はできません。

治療の効果が現れるまでに、症状によっては時間がかかるケースもあるようです。

特にクレーターは色素沈着タイプのニキビ跡よりも、治療にかかる期間が長くなるケースがほとんどです。
治療の期間中に妊娠が分かったら、医師に伝え治療は一旦中止しましょう。

特に治りかけの場合、ニキビの治療が中途半端に終わってしまうことが嫌だと思われるかもしれません。

しかし、妊娠をしていると、ホルモンバランスも崩れやすくなり、更にニキビができやすい時期となってしまうため、完治してもまたニキビの再発によって悩まされるかもしれません。

ストレスを感じてしまうことが一番身体によくありませんので、妊娠中のニキビは仕方のないものだときっぱり割り切ってしまうことも大切なのではないでしょうか。

ニキビの薬が胎児に影響!?安易な薬の服用はリスク大

イソトレチノインというニキビ治療薬が注目を集めています。
この商品は、子供から大人まで様々な方が悩まされているニキビの悩みを治療出来るとても頼れる薬品です。

しかし、実はこのイソトレチノインには副作用があると話題になってきています。
カナダの統計データでは、このニキビ治療薬を服用した女性から生まれた先天異常を持った子供が11人も居ました。

元々ニキビの治療薬は刺激が強く、様々な物質が配合されているので妊娠中には摂取してはいけない決まりになっています。

ニキビの治療薬に限らず、刺激が強い成分が配合されている薬品は全て危険です。
また、この11人はイソトレチノイン治療を受けていた中で産まれてきた子供全体のうちの9.3%であり、治療期間中に「妊娠が確実」と診断されたうちの90%は中絶、胎児死亡という恐ろしい結果が出ていました。

他にもFDA(米国食品医薬品局)はうつ症状やイライラ、学校や仕事の成績低下といった様々な症状に関して注意を促しており、いずれも危険な症状と言えます。

危険な症状

このイソトレチノインに関する薬は、日本では一般的に入手できないようになっていますが、それでも厚生労働省からは、個別に入手することのないよう注意喚起がされています。
妊娠中は特に、服用する薬は必ず用量、用法を間違えないようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)